豆乳ダイエットはダイエットに最適!方法と効果を徹底解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豆乳は体に良い!という事は皆さんご存知だと思います。

そんな豆乳ですが、最近は人気も出てきておりますがダイエットの効果もしっかりとあります!

しかし…豆乳はは苦手という方もいらっしゃるかと思います。

今回はそんな豆乳をアレンジしたおいし食べ方と効果をご説明します。

豆乳はダイエットに最適!方法と効果を徹底解説!

豆乳ダイエットとは?

豆乳ダイエットは食事制限や激しい運動をする必要がないのがポイントです!

手軽に始められるダイエットの為、初心者向きなダイエット方法となります。

豆乳に含まれる成分

豆乳にはダイエットのみならず健康維持にも大切な成分が多く含まれています。

美容に良い!女性に嬉しい成分がいっぱい!それが豆乳なのです。

大豆イソフラボン

豆乳の栄養素で一番有名なのが大豆イソフラボンですね。

大豆イソフラボンは、「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの1つと似た働きをします。

「エストロゲン」は妊娠や出産はもちろん、女性らしさを高めてくれるホルモンとして、肌や髪質を良くしてくれるともいわれています。

女性には嬉しい成分ですね。

大豆ペプチド

大豆ペプチは簡単にいってしますと、複数のアミノ酸が結合したものです。

普通のアミノ酸より吸収が早いと言われています。

また、基礎代謝をアップさせてくれるので、体脂肪の燃焼を促す効果にも繋がります。

大豆たんぱく質

豆乳は大豆たんぱく質も多く含んでいます。

大豆たんぱく質は、脂質と結び付き血中の悪玉コレステロールを低下させる効果があると言われています!

また、「β-コングリシニン」という成分が、内臓脂肪や中性脂肪を低減させる効果があるとも言われています。

大豆サポニン

大豆サポニンは、「抗酸化作用」・「血行促進」の効果があり、抗酸化作用には脂質やコレステロールが酸化して「過酸化脂質」になるのを抑える効果があります。

その結果、動脈硬化の予防にも繋がります。

また、生活習慣病の予防にも効果があります。

大豆レシチン

大豆レシチンは、体内の余分なコレステロールを排出してくれる効果があります。

また、コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる効果がある為、ダイエット効果抜群です。

豆乳によるダイエットの効果は?

上記成分を見て頂ければわかると思いますが、豆乳は豆乳は体に良い!という事は理解でいたかと思います。

では具体的にダイエット効果をご説明しましょう。

便秘解消!

豆乳は豆腐などと比べると『植物繊維』が少ないと言われています。

その代わりに腸内環境を整えるオリゴ菌が多い為、『便秘解消』に効果があると言われています。

便秘解消のダイエット方法は他にもあります。合わせてチェックしましょう。

ワイルドライスダイエットの方法と効果を徹底解説!

もち麦ダイエットの方法と効果を徹底解説!

むくみ改善!

豆乳に含まれるカリウムは、体内の余分なナトリウムを排出する働きがあります。

その結果むくみを解消してくれます!

むくみはやがて脂肪と結びつき…セルライトになってしまいます。

そうなる前に、むくみを解消しましょう!

むくみの解消は部分的なダイエット方法を行う事もオススメです。

太ももダイエットの効果的な方法を徹底解説!

脂肪燃焼効果!

成分でもご説明しましたが、豆乳は脂肪燃焼効果を高めてくれる役割があります。

ダイエットをする上で脂肪をいかに効率よく燃焼させるかが大きなポイントです。

スロージョギングの方法と効果を徹底解説!

脂肪燃焼スープの方法と効果を徹底解説!

正しい豆乳ダイエットのやり方は?

豆乳ダイエットは、基本的には「朝・昼・夕」の食事の前に、豆乳を飲むだけの簡単なダイ方法です。

食事前に豆乳を摂ることで満腹を感じやすくなり、食事の量を自然と減らすことができる事を目的とします。

また、食事の30分前に豆乳を飲むのがタイミングとして最も効率が良いと言われています。

豆乳を飲む一度の量は?

1日の適量は200mlと言われています。

また、毎食前に飲むのが一番効果的ですが、最低でも朝食前には飲むように心掛けましょう!

朝飲む事で便通の促進効果が見込めます。

豆乳ダイエットの注意点は?

豆乳の過剰摂取は控えてください。

大豆イソフラボンが多く含まれていることから、大量に摂取する事で、ホルモンバランスが崩れる恐れがあります。

その結果、月経不順や月経過多、ひいては乳ガンや子宮ガンなどを引き起こす可能性があると言われています。

その為に1日200ml以上の摂取は控えるようにしましょう。

また、豆乳は思いのほかカロリーが高いこともありますので過剰摂取は禁物です。

200ml辺りのカロリーです。

無調整豆乳:108kcal

調整豆乳:68kcal

<無調整豆乳>

大豆を絞ったそのままの状態で売られているもの

<調整豆乳>

無調整豆乳を飲みやすくするために砂糖などを加えたもの

注意点はしっかりと頭に入れておきましょう!

豆乳を飲みやすくアレンジ!

豆乳は飲みにくい…いう方もアレンジを加えれば飲みやすくなります!また、

アレンジ次第ではよりダイエット効果を高める事ができます。

バナナ豆乳

豆乳が苦手という人に一番オススメなのがバナナ豆乳です。

バナナの甘さがあるので、豆乳独特の臭いも緩和され、飲みやすくなります。

また、便通効果もある為、ダイエット効果が高まります!

<材料>

  • 無調整豆乳 200ml
  • バナナ 1本

<作り方>

ミキサーにかけるだけの簡単調理です!

パイナップル豆乳

成分でご説明しましたが、豆乳の中は、『大豆ペプチド』が含まれています。

代謝をアップさせてくれるこの大豆ペプチドは自分で作ることができます。

そのために必要なのが、フルーツ酵素となります。

フルーツ酵素と豆乳を混ぜることで大豆ペプチドは増えていきます。

フルーツの中で酵素を多く含むものがパイナップルですなのです!

<材料>

  • 無調整豆乳 200ml
  • パイナップル(生)40g

<作り方>

ミキサーで混ぜ、1時間程室温で放置しておきます。

この間にフルーツ酸と豆乳が反応し大豆ペプチドを作り出します。

青汁豆乳

青汁は、『食物繊維』や『タンパク質』『ビタミン』『ミネラル』などが豊富に含まれています。

青汁豆乳は血流促進や細胞の活性化を促進し若返り効果もあります。

青汁は豆乳に溶けにくくだまになることが多いので最初に水で少し溶かしてから混ようにしましょう。

低糖質豆乳

エクストラバージンココナッツオイルを配合した低糖質豆乳がオススメです!

今大人気ですね。

なんと糖質を90%カットしてます…

どうせ豆乳ダイエットを実践するのであれ場オススメの商品です!

参考に楽天市場のリンクを貼っておきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【豆乳 マルサン】低糖質豆乳 30本入り 送料無料 オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル【低糖質 糖質制限 調整豆乳 大豆 ソイ 糖質オフ ヘルシー 健康 ダイエット ローカーボ イソフラボン 効果】


豆乳ダイエットまとめ

豆乳は健康にも美容にも良い飲み物です!

ダイエット効果もある為、是非お試しください。

ただし注意事項はしっかりと認識したうえで取り組んでくださいね!

理想の自分を手に入れましょう!

ダイエットの気になるブログ・サイトがいっぱい!

ダイエットランキングへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村