ダイエットに最適な有酸素運動の方法と効果を徹底解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットを始める方にとって「有酸素運動」という運動は聞いたことがありますよね?

しかし、有酸素運動の意味と適切な方法をしっかりと理解している方は少ないのではないでしょうか?

今回は「有酸素運動」についてじっくりとご説明します。

有酸素運動の方法と効果を徹底解説!

有酸素運動と無酸素運動の違いは?

まずは運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。ダイエットをする上でしっかりと理解しましょう。

有酸素運動とは?

有酸素運動とは、比較的弱い力が継続的に筋肉にかかり続ける運動を指します。エネルギー源として体内に蓄えられている体脂肪を燃焼させる働きがあります。

燃焼材料として酸素が必要となります。また、基本的には「20分以上続けること」で脂肪燃焼が効果的が起こります

具体的な運動は後程具体的に記載しますが「ウォーキング」・「ジョギング」・「水泳」・「サイクリング」などが当てはまります。

呼吸を深く吸って十分な酸素を取り入れながら、エネルギーを燃やす運動です。

参考までにウィキペディアを抜粋します。

米軍軍医の、ケネス・H・クーパー(Kenneth H. Cooper)が心肺機能を改善させる運動プログラムを開発これを “AEROBICS” と名づけて1967年に発表した。

このプログラムでは12分間走(クーパーテスト)により評価した体力区分と年齢をもとに各自に合った運動を実施する。これが日本では「有酸素運動」と訳された。

有酸素運動では、体内の糖質や脂肪が酸素とともに消費される。 これに対して、酸素を消費しない方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動を無酸素運動(むさんそうんどう; Anaerobic exercise)という。 多くのスポーツは有酸素運動と無酸素運動の両方の要素を持つ。

一般的には、「身体にある程度以上の負荷をかけながら、ある程度長い間継続して行う運動」はすべて有酸素運動とみなすことができる。例えば長距離走は有酸素運動であるが、短距離走は無酸素運動である。 有酸素運動を「好気的な」運動、無酸素運動を「嫌気的な」運動とも呼ぶことも多い。

引用元:ウィキペディア

無酸素運動とは?

「有酸素運動」に対して「無酸素運動」とは瞬間的な強い力が必要な運動を指します。

筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)を主原料としていて、酸素を必要としないので、短時間しか運動できないですが、筋肉を鍛える時に最適あ運動となります。

参考までにウィキペディアを抜粋します。

無酸素運動(むさんそうんどう、Anaerobics)とは、有酸素運動ではない運動であり、以下の2種類を含む。
乳酸系 – 解糖系により、グリコーゲンを酸素を使わずに乳酸に分解し、エネルギーを生成させる。陸上競技のロングスプリントと呼ばれる400メートル競走や中距離走は主にこれをエネルギー源とする。
非乳酸系 – 、クレアチンリン酸(Creatine phosphate:CP)の分解によりADPからの無酸素的なATPの生成に使われ、ATPをエネルギー源とする瞬発力。

陸上競技の100メートル競走では、主にこれをエネルギー源とする。

引用元:ウィキペディア

有酸素運動の効果とは?

有酸素運動の効果はダイエットのみならず健康な身体を維持する為には必要な運動となります。

①心肺機能の向上

有酸素運動はたっぷりな酸素を取り入れながらの継続運動をする為、心肺機能の向上に役立ちます。

②血中酸素量の増加

酸素を多く取り入れる為、血中の酸素量が増加します。

その為、記憶力の向上や物忘れ・痴呆の予防にも役立ちます。また、脳への刺激にもなり、素敵なアイディアもひらめきやすくなります。

③基礎代謝の向上

新陳代謝が促進され、ダイエット効果も期待できます。

④体脂肪の燃焼

ダイエットの為に有酸素運動をする方の目的は「脂肪燃焼」の為でしょう。有酸素運動は脂肪をエネルギーとする為、脂肪燃焼に最適な方法と言えます。

脂肪燃焼スープ(デトックススープ)なども脂肪燃焼の働きを活発にさせてくれますが、あくまで脂肪燃焼の助けをする働きとなります。

今以上に痩せることを目的としている方は、今以上に脂肪燃焼が必要となります。一番効果的なの脂肪燃焼スープと共には有酸素運動を取り入れる事がオススメです。

脂肪燃焼スープとは?

しかし脂肪燃焼する理由はなぜでしょうか?

脂肪燃焼に必要なのが、血中にあるエネルギーを不足させる事が重要です。そもそも脂肪となる原因は消化できなかったカロリーが蓄えられてしまうからです。

その蓄えられた脂肪のエネルギーを使う事を意識しなければなりません。

運動によってまずは血液に含まれているエネルギーを使用します。そのエネルギーが不足することで脂肪燃焼をしてくれます。

ですのですぐにエネルギーは消費されません!ある程度の時間運動をしないと十分な脂肪燃焼になりませんのでご注意ください。

脂肪燃焼する為の最適な時間は?

一般的には最低「20分以上」と言われています。とはいうものの、実践している運動の種類によって時間は異なってきます。

というのも、有酸素運動は十分な酸素を取り入れる運動な為、呼吸が多少荒くなってからが効果があります。

ランニングを行う際も20分以上のランニングで自分自身の呼吸を意識しながらランニングを実施すると効果は変わってくるでしょう。

有酸素運動にまだ慣れていない方はスロージョギングから開始する事をオススメします。

スロージョギングの方法と効果とは?

有酸素運動は心拍数管理が重要?

脂肪の燃焼を助ける役目として「心拍数」が重要なとなります。心拍数がどのくらいなのかによって脂肪燃焼が違っています。

脂肪が燃焼しやすいとされているのが、最大心拍数の70%程度と言われています。

70%よりも低い場合や高い場合は、脂肪燃焼が効率よくできなくなります。

有酸素運動をしている際には、今どのくらいの心拍数なのかを把握して、調整しながら運動していくことが重要となります。

サプリで効果倍増!

有酸素運動と共にサプリメントを取り入れる事でダイエットを効率よく実現できます。

世の中に様々なサプリが販売されていますが、そのうちの一つをご紹介!

今なら86%OFF!定期購入でなんと初回540円で購入できます!この機会にぜひお試しください!


もっと詳しく知りたい方は⇒黒しょうがと生酵素でWパワーでスッキリする!

有酸素運動まとめ

有酸素運動の効果はダイエットのみならず健康な身体を維持してくれます。

しっかりと正しいやり方を理解して効果を高めていきましょう!

また、水分補給もしっかりと行いましょう!水分補給に「水素水」を活用する事でよりダイエット効果を発揮できます!

水素水の効果を徹底解説!

また、その他のダイエット方法と併用する事でより効果を見込みましょう!

ネイチャースイートソースダイエットを徹底解説!

もち麦ダイエットを徹底解説!

MCTオイルダイエットを徹底解説!

ダイエットの気になるブログ・サイトがいっぱい!

ダイエットランキングへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする